>> 一覧ページ  >自主上映会in沖縄県那覇市  映画鑑賞後の感想 2014年01月11日(土)

自主上映会in沖縄県那覇市  映画鑑賞後の感想

・当事者でしか分からない事実。支援する方々の人間味のある対応に考えさせられた。(当事者、50代)

・精神疾患を持った人達が、ひと昔前までは、こんなあつかいをされていた事が、おどろきと、かなしみで心が苦しかったです。今日はまだ良くなっているんだなぁ でも日本でもひと昔前まで似たことがあったと聞いた事があったと聞きました。もしかしたら、私たちがわからない所で、何らかの偏見的扱いがあるかもと心配になりました。(当事者、40代)

・10年程前に単行本でこれに関するドキュメントは読んだが、やはり山あり谷ありでものすごくたいへんな変遷を経てきたことを知って、やっぱり大変な思いしたことながら、達成したと知って励まされた。(行政職、50代)

・善をつくるのも、壊すのも人間(支援者-学習サービス、30代)

・厳しい内容に真剣に取り組んでいる内容でした。現実と状況は改善されているのではないですか。(一般市民、60代)

・何か色々なことを思う映画でした。上映会に参加できてよかったです。(就労支援員、30代)

・複雑です。むつかしい・・・(その他-ろう者、60代)

・とてもよかったです。日本とイタリアの違いはあると思いますが人間としてどう生きるか、今後私たちの活動にも大きな影響があると感じます。(支援者-JC、40代)

・すばらしい映画でした。少し気分がハイになっている状態です。島国日本でどこまで近づけるか・・・生きている間に見てみたいです。(一般市民、50代)

・BeLLissiMo! 見れて良かったです!(不明、30代と40代)

・とても良かったです。4時間あっという間でした。ありがとうございます。色々と考えさせられます。(一般市民、40代)

・福祉の原点と、これからの課題の大きさに心にしみました。いろいろこれから考えていきたいと思います。(支援者、40代)

・素晴らしい映画でした。廃絶された精神病院よかった。いろんな○○で収容された人がいることを知った。(その他、70代以上)

・見た事のない感動でした。(不明、60代)

・考えさせられましたが、家族にいたらと考えると・・・(一般市民、40代)

・映画の中でもあったように、なかなか患者の目線になれない看護者がいます。そういった支援者の心の改革も大切と感じています。(支援者-看護師、40代)

・イタリア大好きという理由で見たが、人を人格を大切にする国は本当にすばらしい。日本もそうなればいいのにと思う。大変だけれど(家族、50代)

・人生そのものをみつめる姿勢(支援者-ナース、50代)

・胸に突き刺さる物がありました。日頃仕事をしている上で「慣れ」てしまっている病院の環境。1人1人の「人間性」に目を向けられていないと感じました。何か分かりませんが,自分の中で今の仕事の疑問、葛藤があります(感じました)(支援者-PSW、20代)

・とてもリアルだと思う。日本はもっと状況が厳しいと思う。(支援者、40代)

・今の日本の現状と今後の日本を考えさせられます。(ボランティア、50代)

・人としての大切な問題を観せてくださって、とても感謝して感動しました。ありがとうございます。ただ「満足度」などという表現にはそぐわないので・・・(一般市民、50代)

・上映会開催いろいろごくろうがあったと思います。観賞できてよかったです。(学生、30代)

・精神障害者の歴史を観ると、満足という表現は出来ないけど、歴史の重さを思う。(ボランティア、不明)

・自分の中で差別をしているつもりはなくても、差別にあたることもあるのだと思った。(一般市民、20代)

・社会を変えるため長い時間をかけて闘った人に敬意を表したい。(支援者-市役所の保護課、60代)

・たくさんの人に観ていただき、偏見や差別がなくなるといいですね(一般市民、60代)

・家族の支援に役立てたいと思います。(一般市民、50代)

・会社に回覧が回ってきたのがきっかけで参加しましたが、精神保健福祉を学んでいる立場としてものすごく勉強になる映画でした。現場に出て1年たらずですが・・・。これからこの仕事をしていく上で、非常に刺激になる映画でした。思わず涙があふれて心にグッとくるシーンも多く、今後も再上映してほしいぐらいすばらしい映画でした。次は是非、友人や職場、周りの人へ声をかけてこの映画を観てほしいと強く思いました。(支援者-精神保健福祉士、20代)

・人間として生きる為に必要な事がたくさんちりばめられている映画でした。私自身がやらねばならぬことをかんがえさせられる時間でした。(家族、50代)

・いい映画でした(一般市民、30代)

・素晴らしかったです。病院内の事、患者の人権の事、一般の人との繋がりの事などいろいろ考えさせられる内容でした。(一般市民、60代)

・悲しい出来事もたくさん出てきましたが、人間の底にある力強さも感じられ、また、様々な社会、地域での問題(病気の治療だけでなく)トータルで考えていかなければいけないとつくづく思いました。最後に前向きな姿に勇気づけられました。(支援者-もうすぐPSWになる予定です、30代)

・精神科の理想の人物だ(支援者、不明)

・広く多くの人に見てもらいたいと思いました。困難な道のりを得て法律ができたことを実感しました。(一般市民、50代)

・もっと多くの人にみてもらいたい。(支援者-PSW、30代)

・人権について、改めて考えるキッカケになりました。(一般市民、40代)



★問3.映画をみてどのような活動をしたと思ったか。

1.精神障害に対する普及啓発(支援者-PSW、30代)

2.これからいろいろ勉強します(一般市民、60代)

8.当事者の立場でありますが、(当事者の役に立つこと)(当事者、50代)

9.精神しっかんを持っている人達との共感とか、話を聞くとかなど(当事者、40代)

12.情報発信や共有に関する活動(支援者-学習サービス、30代)

19.現在、就労支援の業務についているので、その現場から何か発信出来ればと考えています。(支援者-JC、40代)

25.今のみのりの会の向上(支援者、40代)

32.病院からの退院支援(支援者-看護師、40代)

35.普段の病院勤務の中で、当事者の方の権利を大切にする。(支援者-ナース、50代)

39.具体的にはわからないが、何らかの形で携われたらと思います。(支援者-PSW、20代)

41.この映画を周りの方々に伝えたい。(支援者、40代)

46.現在のボランティア活動をより一層深めていきたい(ボランティア、60代)

47.具体的にどのような事をしてよいのか、わからない(不明、50代)

49.皆様と一緒に行動したいです。(一般市民、60代)

51.息子の為に家族電話相談員(家族、70代以上)

59.支援したいと思いましたが、何が、できるのか・・・(行政職、40代)

61.どのような活動があるのか良くわかりません(一般市民、60代)

63.現在、刑務所出所(知、身、精)後の支援している中で、精神の方の割合が多く、現場でよりいっそう頑張っていきたいと思いました。(支援者-精神保健福祉士、20代)

67.今は精神科病院で事務員をしていますが、PSWを目指しています。病院と地域を、まずはもっとつないで、風通しをよくすること、考えていきたいです。(支援者-もうすぐPSWになる予定です)


★問4.お気づきになった点がありましたらご記入下さい。

4.この映画以外にも更にこのような機会があると良いと思います。(一般市民、40代)

8.病気ではあっても健康な方と変わらない希望を持っています。社会はそうした立場にある方を受け入れる(仕事、偏見)情報や受け皿が必要だと思います(当事者、50代)

12.勉強会やメールマガジン等、情報共有する機会があれば、是非参加したいです。自主上映されたstaffのtの皆様に感謝致します。(支援者-学習サービス、30代)

18.手話通訳を付けて下さり有りがとうございます。(その他-ろう者、60代)

22.メリットとデメリットが知りたい(当事者、20代)

34.すばらしい映画を見させていただき、本当にありがとうございました(家族、50代)

39.映画を見て、はっきりと何かを感じ考えました。自分の中できっかけとなる気がします。(支援者-PSW、20代)

41.この映画は精神保健医療福祉等だけではなく、いろいろいな人に観てほしい。(支援者、40代)

42.☆プログラムの時間が記されているので、予定通りにすすめて欲しかった。☆時間厳守でOK!!(ボランティア、50代)

43.医療スタッフの方々に見てほしいものです。(家族、70代以上)

63.この企画を、ぜひ続けてほしいです。また、参加します。(支援者-精神保健福祉士、20代)

64.自分のこれからの行動について考える事のできる時間でした。上映してくださり、ありがとうございました。(家族、50代)

65.院内があのような状態だとは思いませんでした。(一般市民、30代)

66.もっと多くの人に観てもらって、考えてもらいたい内容です。自主上映の方々に感謝です。有り難うございました。(一般市民、60代)

67.エッチなところが多い(支援者、不明)
一覧ページへ